ニュース

竜巻注意報

今日は神奈川県あたりで竜巻注意報が出ましたね。

小学生のとき、校庭いっぱいに竜巻が出たときはワクワクしましたが、今思えば恐怖です。。

前回の記事は、ぐるナイ:柳葉さんクビについてでした。
(この記事の下方にリンクがあります^^)


竜巻というと海外で起こるような、とてつもなく大きいのをイメージしてしまいますが、

日本で起こるのはもう少し小さいと聞きます、

それでも筑波で発生した竜巻の画像をみると十分脅威だと思いますが。

そこで、「そういえば、竜巻が起こる原理を知らないなぁ」と思い、

今回は竜巻がどんな原理で起こるのか気になったので調べてみました。

ただ、結論から言うと詳細な原理は解明されていないそうです。(笑)

現時点で竜巻について分かっていることは以下のとおりです。

①積乱雲(雷雲)の中の上昇気流がなんらかの理由で回転することが原因
②従来の気象レーダーで感知できないため予測が困難
③ハリケーンや台風とは異なるものであり、突風の一種だと定義される
④藤田スケールという分類のされ方がありF0~F5の6段階がある


また、アメリカでよく観られる強烈な竜巻はスーパーセルという、

巨大な積乱雲によってもたらされるらしいです。


スーパーセルが発生した際は果物ぐらいの多きさの雹が振ることもあるらしく、

落雷と竜巻で町が全滅することもあるらしいです。

非常に恐ろしいですよね、、、実はスーパーセルは筑波でも発生したことがある様子でした。

校庭、筑波、アメリカといい、広大な平地があるところだと発生しやすい条件がそろうのかな?と思いました。

また余談ですが、イタリアのジェノバでは水上竜巻が発生したこともあるそうですね。



ご愛読ありがとうございました!

関連記事

  1. 未分類

    スマホで暇つぶししたい人必見

    どうも!ボルです!今日はアプリソムリエの今井安紀さんについて書…

  2. 未分類

    ステーキのどん、ハンバーグ食べ放題!楽しむポイントまとめ。

    どうも!ぼるおです!今回はステーキのどんでハンバーグ食べ放題を…

  3. 未分類

    月9、突然ですが、明日結婚します

    今回は月9の「突然ですか、明日結婚します」について書きます!&…

  4. ニュース

    幻のホームランボール

    どうも!今日はWBC初日、観客の男子がホームランボールか怪しい打球をキ…

  5. 未分類

    「ズートピア」アカデミー賞受賞、監督はバイロン・ハワードとリッチ・ムーア

    どうも!今年もまたアカデミー賞が発表されましたね。ということで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP