ダンス

ダンス初心者が上手くなるコツ。

今日は初めてのダンス記事を書きます!

ストリートダンス初心者の人に向けた記事にしますね^^

ぶっちゃけ「継続」がコツです。

 

 



 



 

始めたばかりの時に大事なコト

 

それではまず継続に大事なこと、それは始めようと思ったときの「気持ち」、「きっかけ」ですね。

他のことにも言えますが、ダンスも他の事と同じでスキルを身につけるのに時間や労力はとてもかかります。

まぁ、そこも面白い、醍醐味と言えるところなんですけどね(笑)

 

僕の場合は先輩がかっこよかったことがきっかけです。

Lockというジャンルを選んだのですが、イマイチかっこよさがわからず、一時は辞めようかと思ってました。

でもOBのダンスがめちゃくちゃかっこよくて「あんな風におどりたい!!」と思って本腰を入れるようになりました。

それから約7年、気づけば人並みにほめられるくらいには上達しました。

今までバトルイベントやコンテストなど、評価される場から逃げてきたので、そろそろ立ち向かって行こうと考えています。

 

まず言えることはやってれば必ず上達するということです^^

 

練習メニューの組み方

 

では実際に練習してみよう!ということでダンスの練習の流れです。キッチリやるならこんなところだと思います。

 
  1. ストレッチ
  2. アイソレーション
  3. 技の練習
  4. 振り付けで練習
 

どこかのスタジオでプロのレッスンを受けたら理解が早いかと思いますが、大雑把に言うと、自主練のときも誰かと練習するときも大体こんな感じです。

基本的に1と2は入念にしましょう。ダンスは体が健康であることが特に重要ですし、アイソレーションは音にノるための基礎です。

ダンスが生活の一部になってきたら、アクロバティックなスポーツや武術系の動き等、負傷する可能性があるものにも気をつけましょう。

余談ですが、僕はパルクールに挑戦して足首を捻挫し、一ヶ月近くは満足に踊れませんでした、非常に辛いですよ、、。

この捻挫をきっかけに無茶なことはせず、気になった武術系のものは主婦や未経験OKのような非常にソフトなクラスを選んでいます。

万が一どこか負傷しそうなら、利き腕と逆の手がまだマシかもしれませんね、足と利き腕は生活にも明らかな支障がでてしまいます。

 

次に初心者の方は疑問に思われたかと思いますが、アイソレーションについて、

英語で独立を意味します。文字通り、他の部位を固定したまま首や胸、肩、腰、膝などを独立させて動かす練習です。

どんなジャンルにも必ず使うスキルなので、これは毎日軽くでも良いのでしましょう。

どの部位も大事ですが、初めのうちは特に首と胸、次にが重要かと思います。

どんなことかはyoutubeで検索してみてください。初日はまずできないですが日に日に可動域や動かしやすさが増します。

なんで大事かって言うと「音にノッている感じ」を出すのに欠かせないですし、一つの動作をとってもアイソレを加えるだけで雰囲気がガラリと変わる(表現の幅が広がる)からです。

ある程度ダンスをしないとアイソレの重要さは分かりいくいと思いますが、ライバルがいるならしっかり練習してここから差をつけてやりましょう。

 

3と4の技・振り付けの練習は鏡をみたり動画をとりながら、自分の姿を確認しながらしましょう。

人それぞれ体のシルエットやクセが違うので、自分の体がカッコよく見えるスタイルやポーズは自分で探すことになります。

また、自分では音にあわせて動いているつもりでも、音を早くとってしまっていたり、逆に遅くとってしまっていたりと実際はズレていたりします。(僕は遅取りな傾向がありました)

これらを矯正するためにも、自分の姿を把握しましょう。

 

 



 

 

 

気負いすぎずに練習する

 

上記のように毎日しっかり練習できたらメキメキとスキルアップしますが、現実は毎日って難しいですよね。

やる気がでないときや疲れているときは億劫になってサボりがちですし、無理やりやっても楽しくない、初心を思い出してもなんか気が重たい、、、練習の質が悪いだけだと思います。

そんな時は肩の力を抜いて頭をからっぽにして、簡単な練習をかるく、数分だけやってみましょう。

自分の部屋にいるならスマホで音楽を鳴らして教えてもらった振り付けをやったり、電車の中なら胸や首のアイソレーションをします。もちろん不審者とは思われないように。

そのまま練習の気分になってしまえば続ければ良いですし、そうならなかったら気分を変えてダンスの動画を見るとか、もういっそイメトレでオッケーです(笑)

そもそも楽しむためのダンスなので、したくないときはしないでいいです。

 

失敗しても良い

 

教えてもらった技や振り付けを完璧にしようとは思わなくて良いです、できればもちろんGoodですけどね。

練習したなら間違ってても十分良いことです、それが自分の色に繋がります、むしろ胸を張っていいところです。

一番もったいないのは何もしないことです。

何百時間おしえてもらっても(インプット)、練習して(アウトプット)自分のものにしなければ意味はありません。

アウトプット、めちゃくちゃ大事です!

どうしたらもっとかっこよくなるかを自分で考えて練習すると自分のダンスができるようになります。

もし間違ってても、練習していれば修正するのは簡単ですし、そもそもダンスは表現なので正解はありません。

 

まとめ

 

初心者が上手くなるコツを今回記事にしました。

少し文章が長くなったのでまとめると、

毎日、アイソレだけでも気楽に練習する。

冒頭でも言いましたが、一語で言うと「継続」が大事です。

初心者ならこれでまずは大丈夫です。難しく考えなくて大丈夫です♪

アイソレでリズムを取れるようになったらまずは一般人レベルは卒業かなと思います。

 

今日もありがとうございました^^

 

 



 

 

関連記事

  1. ダンス

    【ダンスバトル】ジャッジしてきました!着眼点・気づき6個くらいシェアします。

    この記事の所要時間:4分半どうも、心一です。最近さっぶいで…

  2. ダンス

    趣味(ダンス)を始めて人生楽しくなった理由4つ

    この記事の所要時間:約3分どうも!今日はダンスを始めてよかったこと…

  3. ダンス

    ダンス初心者・未経験者なら、入門クラスのレッスンがおすすめ。

    この記事の所要時間:5分今回は初心者のレッスン選びについて書きます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP