CRAへの転職

【未経験からCRAへ転職】オススメの方法は”業界に特化したエージェント”の活用

どうも、心一です!

結局CRA職が良いの記事で書いた通り、特定派遣の研究職からCRA職に戻りました。

こう書くと特に何も苦もなく転職できたように見えますが、心配性な僕からすると「もうCRAに戻れないかも…」と軽く心配になるほど苦戦していました。

私の場合は厳密には未経験ではないのですが、新人研修が終わって一年経たずに辞めてしまったので事実上未経験扱いでした。

なので、未経験からCRAに転職したい人に役立てばいいなと思います。

 





 

転職活動時の状況




私の場合、「転職する!」と決めて実際に内定をもらうに至った期間は約3ヶ月でした。

応募状況については以下の通り。
  • 書類選考:約25社
  • 面接:4社
  • 内定:1社
無事に転職できましたが、順風満帆てほどではないですね(笑)

次に、苦戦した理由としてはこの3つが大きいです。
  • CRA経験が浅く、経歴としては未経験に近い(また一から教育する必要がある)
  • 社会人歴2年で2回目の転職ということで、転職回数が多い。
  • CRAの仕事に対する熱意を上手く話せなかった。
 

ちなみに、内定まで大まかにどう動いたかというとこんな感じです。
  1. 転職サイト登録(リクナビNEXT、DODA)
  2. 履歴書・職務経歴書を作成
  3. 転職サイト経由で気になる企業・転職エージェントに応募
  4. 転職エージェントにお願いした方が効率がいいことに気付き、同時に自分と相性の良いエージェントさんに出会う
  5. 4社目の面接で内定GET
 

また、私の場合は予め辞めることが決まっていましたが、可能なら現職を続けながら転職活動をすることをオススメします。

実家を活動拠点にできるなど生活コストが低くて済むならいいのですが、

やはり定収入がないまま貯金がどんどんなくなるのは精神的に辛いです…。

(もちろん、辞めなきゃ死ぬくらいのブラック企業に務めているなら辞めた方がいいと思いますが)

 

 

転職するなら早めの着手が大事




転職の決意が固まったなら、まずは転職サイトに登録するのが第一歩です

ここでは私が実際に登録した転職サイトを載せておきます。

オススメの転職サイトで調べると色々なサイトを紹介されますが、多すぎても管理が大変です。

実際に私はこれだけで大丈夫でしたので、要は「自分に合うサイトを見つける」ことが大事だと思います。

 

DODA


オススメ度★★★★★

転職サイトの中だと、個人的に一番使用頻度が高かったです。

書類作成、面接対策、強み弱みの洗い出しなど、サポートが手厚かったです。

求人のレコメンドが思ったより優秀だったのも印象に残っています。

興味に近い&今まで知らなかったものをメールで知らせてくれるサービスがあり、このメルマガ経由で応募することもありました。

特に、履歴書や職務経歴書の作成は手間がかかる割りに、作成しないと応募を始められませんので、

作成をサポートしてくれるシステムがあるのは転職初心者にはとても助かるシステムでした。

DODAで作成した内容を元に別の転職サイトに履歴書・職務経歴書を登録しておけば効率的に転職活動を始められますので、

勝手を掴むのに一番初めに使うサイトとしてはけっこう良いと思います。

求人に関してもちゃんと医療系のものがあり、CRAとMRに特化した業界専門の転職エージェントへの登録もできるようになっています。

かくいう私はDODA経由で知ったエージェントさんがきっかけで転職に成功しました。

気になる方は公式サイトを覗いてみてください。

 

VORKERS


オススメ度★★★★★

こちらは元社員・現社員から集めた企業の内情を知ることができるサイトです。

応募のページもありますが、どちらかというと私は企業情報を集めるために見ていました。
(応募はお気に入りのエージェントさんに任せていました)

やはり、生の声を聞ける場所って少ないのでとても勉強になります。

気になるクチコミ内容はというと。
  • 社内の雰囲気
  • ワークライフバランス(=早く帰れるかどうか)
  • 給与
  • 企業の強み弱み
  • 経営者への提言など
 

気になる企業があるならまずはVORKERSで調べることをオススメします。

傾向としては大きい会社ほどクチコミが多く、小さい会社ほどクチコミは少ないです。

理由としては、規模が小さかったり社員数が少なく距離が近い社風だと退職した人や不満を持っている人が誰かすぐバレてしまうからでしょうね。

と勝手に考察したりw、クチコミ以外の裏のメッセージ性が読み取れて面白かったです。

実際に私はここで仕入れた情報を元にエージェントさんに質問したり、クチコミから社風を読み取って面接のイメトレをしていました。

ちなみに、これらの方法で全クチコミをみることができます。
  • VORKERS経由で他の転職サイトやニュースサイトに会員登録する
  • 所属している会社の評判を寄稿する
 

クチコミを見ずに選考に臨むことはチャンスの無駄といっても過言じゃありません

内定を取りたいなら確認しておくべきです。公式サイトはこちらです⇒VORKERS

 

MIIDAS(ミーダス)




オススメ度★★★☆☆

こちらの診断では自分の適正年収を知ることができるため面白かったです。

気になる方は▼こちらからどうぞ。



初めて診断したのは新卒で外資大手CROに在籍しているときで、診断してみたら550万、正直「こんなの適当だろ…」と

思っていたのですが、特定派遣の会社に転職してから診断すると400万としっかり下がっていました(笑)

多少盛っているとは思いますが、自分の市場価値を知るには手っ取り早いです。

また、ミイダスの適性チェックも自己分析ツールとしては勉強になりました。
  • マネジメント資質
  • 能力適性
  • 職務適性
  • 上下関係適性
  • ストレス要因
 

他の診断と違って設問に対して「わからない」という選択肢があるため、無理やり結論を出すことがなく、より正確に診断できていると思いました。

実際に私の強みとして「適応力」「人あたり」が挙げられてて、自覚のあるところだったので驚きました。

改めて自己分析をするために色んなサイトの適性診断をしてみるのも良いかと思います。

 

ただ、求人に関しては未経験でCRO業界、となると正直ほぼありませんでした。

なので適正年収・自己分析をしてあとはほったらかしでした(苦笑)

 

リクナビNEXT(グッドポイント診断)


オススメ度★★★☆☆

こちらも知名度が高い転職サイトですね。

私はグッドポイント診断のために登録しました。

グッドポイント診断では18項目から自分の強みを5つ挙げてくれるので自己分析に役立ちました。

「どんな仕事に向いているか」を理解するのはもちろん役立つのですが、「仕事でどんな強みを発揮していけるか?」を知るヒントになりますので、希望の職種がはっきりしている人にも役立つと思います。

ちなみに私の強みの一部はこちらでした、合っているというか、周りの人からの評価に近かったです(笑)


 

もちろん無料ですので、自分の強みが知りたいって人はコチラからリクナビNEXTへ飛んでください。

 

 

以上のようにいくつか紹介しましたが、将来のステップアップのために転職という場合にも役立ちますので、

転職の決意が固まってなくても登録はしてみても良いと思います。

漠然と経験を積むより転職サイトで募集要項を確認しておいて、それを満たすように働けば目標に近づけますからね。

3年5年経ってからようやく転職サイトに登録したけど、自分の経験じゃ希望の仕事に応募できないなんて虚しいオチにならないように…。

医薬品開発の仕事だと、TOEIC730点以上など、クリアするのに少し時間がかかることが応募条件になっていたりしますので注意です。

 

 

業界に特化したエージェント探し




CRAに転職したい人はDODAから製薬業界に特化した転職エージェントに応募してください。

実際に私はこの転職エージェント経由の応募をメインにした転職活動で無事に内定を貰えました。

なので内定を得るにはこの方法が一番良かったなと思っています^^

 

理由は、転職エージェント経由だと書類審査1回+面接1回の2回の選考で内定をもらえることが多いからです。

頼もしくて押しが強いエージェントさんだと、応募先にも強気で転職者のPRをしてくださいます。

なので書類審査を通してくれやすい傾向にありますし、書類通過できると転職者は面接の場数を踏みやすくなります。

すると結果的にだんだんと内定の確率が上がるはずです。

また、他にエージェントさんに頼むメリットとしては、
  • 書類作成等を細かく確認してくれる
  • 面接の予行練習を細かくしてくれる
  • 想定質問集をくれる
  • 自分のネガティブな言い訳を転職活動で通じる文言にかえてくれる
エージェントさんの儲けは転職者の成功と直結しているので、エージェントさんも親身になってくれます。

私は当時お世話になったエージェントさんに感謝してもしきれません。

複数あるエージェントさんに片っ端から登録して相談して、自分と相性の良いエージェントさんをいち早く見つけてください。

 
よりエージェントについて知りたいならコチラ
【CRA職に転職するなら今準備!】実際に登録したサイト・エージェント7社について書きます
 

 

グッドポイントスポンサードリンク

 

経験がないなら東京採用を狙う




未経験もしくは経験が浅い(3年未満)場合、CRAの転職は勤務地は東京のほうが良いと思われます。

複数のエージェントさんに聞いた話ですが、医薬品の開発プロジェクトの92%は東京にあり、それ以外は大阪か九州にあるとのことでした。

なので、未経験を育てられる環境の殆どは東京に集まっているそうです。

1プロジェクトくらい経験を積めば東京以外にも行けるはずですので、2~3年なら東京でも良いと思えるなら内定率は上がります。

 

面接の場数を踏む




人事担当が自分の経歴を見た時にどういったところに関心が向きやすいのか、この傾向を掴むのは非常に大事です。

他にも強く答えられる質問がどこか、逆に質問されると弱いことやその対策など、本番にならないと分からないことが多いです。

やはり、面接に強くなるのに一番効果的なのは実際に面接してもらうことですね。

また、CRAを少しでも経験したことがあるならGCPの筆記テストや口頭試問をされることもありますので、色んな選考パターンや人事のタイプに慣れておくのが良いと思います。

 

年収交渉




その会社の未経験CRAの年収ついては転職エージェントに聞いておくのが無難です。

エージェント相手なら根掘り葉掘り聞いて大丈夫です(笑)

面接では「御社の規定に従います」と言っておきましょう。

 

余談:もしCRAの業務経験が少しでもあるなら…。




私みたいにまたCRAに戻る人が読んでくださっているなら、CRAとして今まで担当した施設数や業務の回数など、

数値に出来るものはできる限り明確にしておいてください。

例え経験が少なくとも、数字や業務内容、その時の反省点や成果を明記しておくと、

面接ではそこから話が広がって話が弾んだり、こちらの人柄を理解してもらいやすいです。

私は施設を持ったことがなく、選定調査兼プロトコル合意が1回、ヒアリングが1回という経験の浅さでしたが、

それでも何とか話を広めてくださることが多かったです。

 

まとめ




かなり長くなってしまいましたが、CRAに転職したいならこんな感じで進めるといいと思います。
  1. まずは転職サイトに登録(この時点で適性診断をしても良し)
  2. 履歴書・職務経歴書を作成(気になる別サイトにもup)
  3. 業界に特化した自分に合うエージェント探し
  4. 面接で場数を踏む
  5. 内定ゲット
 

参考になれば幸いです。

読んでくださってありがとうございました!



関連記事

  1. 仕事

    CRO企業CRA職は激務を覚悟したほうが良い理由と、乗り越えるためのスキル7つ

    どうも、心一です!CRO業界のCRA職を目指す人にむけて書…

  2. 人間関係

    【発表・説明のコツ】異分野の先輩社員に薬のことを説明したときに思った7つのコツ

    昨日、会社の先輩(バックグラウンドは高分子材料など)に核酸医薬について…

  3. 仕事

    【結局】開発職(CRA職)が良いかも、研究か開発かで迷ってる人は参考にしてください。

    どうも、心一です。修士を出た後に新卒でCRA職をして、やっぱ研…

  4. 仕事

    CRA職が「忙しい」と噂される2つの理由

    どうも、心一です。今回はCRAの仕事がハードと言われる…

  5. CRA

    CRO大手4社で迷う時、私ならこの順番で選ぶ話

    どうも!心一です。最近ありがたいことに下記の記事で就活関係…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP