英語

【TOEIC】500点台から700目前になったので点数アップに直結する2つの勉強法伝えます


どうも!心一です!

今回はTOEICの勉強法ついて書いていきます。

勉強は色々してきましたが、今回はある2つの方法が効果的だと分かったので記事にしました。

リスニングとリーディングで効果的な方法を1つずつです。

ちなみにディクテーションとか、シャドーイングみたいな小難しいことは一切言いません(もちろんちゃんとやれば効果的な方法です)

必要なものはテキスト代約4,000円勉強時間です。

それではどうぞ!

 

勉強法①リスニングは公式問題集を1.5倍速で聴き慣らす!





みなさん、TOEICの公式問題集を解かれたことはありますか?

こんな感じ↓のA4よりちょっと大きめな本です。実際に私が聴き倒した版を載せておきますね。

どんな本かと言うと、
  • 実際のTOEICの問題が解ける
  • 解説も詳しい
  • 自分の得点の目安まで分かる
 

というTOEICの勉強をするには避けて通れない教材です。

そしてこれの何が効果的だったかと言うと、リスニング音源を専用アプリで聴けることです。

専用アプリだと倍速で聴けるので、私はこれを1.5倍速でスキマ時間中ず~~~っと聴いていましま。

通勤の歩いている時や風呂に入っている時などに垂れ流すだけなのでめっちゃ簡単なのですが、これがもう効果絶大でした。

初めは凄く速く聞こえるのですが、人間やはり慣れます。

もし聴き取れなくても、1.0倍速にすると聞こえたりしますので、おかげさまで本番の余裕は過去最高でした(笑)

 

具体的にどう勉強したかというと。

実際にやった流れはこんな感じです。
  1. 公式問題集を一通り本番のつもりで解く
  2. 答え合わせ
  3. 間違った問題をアプリで聞きなおして、聞き取れない言葉は都度確認
  4. 1.5倍でループ再生
  5. 初めは聞き流してて良い、ひたすら垂れ流す
  6. 聞き取れなかったところを都度確認
  7. 4~6を繰り返す
 

私はスキマ時間の通勤中20分~40分くらいと風呂に入っている20分くらいをしていました。

大体一日平均40分くらいですが、殆どやらなかった日もあれば10分くらいな日が週に2日くらいあったと思います。長くても1時間を少し越えるくらいでした。

これを約2ヶ月するだけで当日は明らかにリスニング力が付いたと実感しました。もう本当にオススメですとしか言えません!!

 

勉強法②リーディング四択問題(Part 5)対策





では次にリーディングについて、まずはPart 5を素早く解くことが大事です。

他にも長文問題が気になるのは分かりますが、TOEICって時間との勝負ですし、点を取りやすいところですし、リーディングの基礎ですからね。

ここで時間がかかって後がただの色塗りになってしまうなんてことがないようにしたいものです。

解くスピードの目安としては1問15秒です。

初心者からすると「そんなに速く解ける?!」と思いますが大丈夫です。

この文法特急さえあれば解けます。

勝手にを付けさせていただきましたが、それくらい文法問題に対するスタンスが変わりました。

この本の凄いところは勉強になれていなくてもとっつきやすいことです。

サイズははがきより少し大きいくらいで、ページ数もあまり多くありません。けっこう軽い気持ちで勉強に取り掛かれます。

それに1問あたり2~3分で完結するのでスキマ時間を有効活用するには持ってこいです。

1問に対して1ページを解説に使っていますので、読めば読むほど筆者の英語脳に近づけます。

これを一通り勉強すると、問題のタイプによっては初見でも5秒で答えが分かるようになるで本当にオススメです。

例えば「空欄のある文章でも意味が通る文章=副詞を選ぶ」みたいな、攻略本のように分かりやすい解き方を知ることが出来ます。

筆者がTOEICオタクなこともあり、「1問だけやるか」と思って読むとスイスイやってしまうくらい読みやすいです。

なので、リーディング問題(Part 5)をまず文法超特急で対策するのが2つ目です。

 

具体的にどんな使い方をした?

念のため、私がどんなふう文法超特急を使ったか書いておきますね。

と言ってもまずは普通に一通り解いて、二周目も普通に解いて、その後はランダムでページを開いて解いていたくらいです。

ちなみにどんなタイミングで解いていたかというと、こんな感じですね。
  • 電車の中(たとえ一駅でも)
  • 寝起き・寝る前の10~20分
  • 会社の昼休み5~10分
寝起きだと二度寝の合間とかにも見れますし、寝る前に読めば良い睡眠薬になります(笑)

こんなに読みやすくて実力にも繋がって1,000円しない教材って、他にないんじゃないでしょうか。

TOEICの勉強でなにからしたら良いか分からないならまずこれで間違いないでしょうね。

 

勉強法・教材も大事だけど「続けられる工夫」を大事に!





やっぱり一定の結果を得るにはある程度の継続が大事だと思います。

私の場合の工夫は、効率よく動けたときが気分が良いのでスキマ時間を活用、ドカッと勉強するより少しずつ積み上げるほうが楽なので毎日垂れ流しでも少し聴いたり読んだりしていました。

また、バイリンガルニュースのようにシンプルに面白いものを探すのも良いと思いますし、TEDでためになるプレゼンを見るのもとっかりやすくて良いんじゃないでしょうか。

そもそも続けるのが苦手なら短期決戦で気合の入るように工夫するのも効果ありだと思います。

例えば、受験料をあえて現金払いにすると「5,000円も払ってるんだから頑張らないと!」ってなりませんか?

私みたいにゆっくりやってると受験料だけで既に40,000円くらいは飛んでしまっています、すごく無駄ですよね?

皆さんには自分に合った方法をいち早く見つけてサクッと高得点をとっていただきたいです…。

 

まとめ





というわけで、今回はリスニング対策として公式問題集と、

リーディング対策として文法超特急を紹介しました。

少しでもお役に立てたら幸いです。

やってみて、その最中に自分の弱点に気づくということもありますので、まずはやってみるって大事だと思います!

読んでくださってありがとうございました!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP