生活

【大学が遠い】平日にバイトできない学生ができるお金稼ぎの方法5つを紹介

 


どうも、心一です!

この記事は通学時間が長い大学生のために、お小遣いを稼ぐ方法について書きました。

僕も大学院生の時は往復で4時間以上を通学に費やしていましたが、

通学に3~4時間かかる状況で平日にバイトとか無理ですよね?(笑)

この記事では、僕が実際にやったお金稼ぎ2つと、

社会人になった今「やっておけばよかったなぁ…」と思っている方法3つの計5つを紹介します。

また、やらないと決めた(やると色々損をすると思った)お金稼ぎについても少し触れています。

貴重な大学時代を余すことなくエンジョイしていただく一助になれば幸いです!

それではどうぞ!

 



 

まずは自分に必要な金額を計算する





まず初めに、あくまでもお金とは何かをするための「手段」に過ぎません。

それに加えて学生でいられる時間は限られています。

何の目的もなく「バイトしまくって今月は何十万稼いだぜ!」というのはただの自己満足ですし、

見栄を張るために特に価値のないことに消えてしまうお金になってしまう確率が高いです。

そうならないためにも、まずは「自分は何のために、いくら稼ぐ必要があるのか?」を考えましょう。

一応ですが、全然難しく考える必要はなく、僕だとこんな感じでした。
  • 「週末は○○と遊ぶから5000円くらいあればいいな」
  • 「△△達とゲームして遊ぶから、まぁ飯代くらいあればいいか」
  • 「来週はイベントに行くから3000円いるな」
 

僕の場合は毎月30,000円くらいあれば大丈夫と気づけたので、学生時代のバイト時間はほぼ最低限で済みました。

もし、ただ漠然と「お金稼がなきゃ…」と焦る気持ちになっているなら、

一度しっかりと計算してから、必要な時間だけバイトをしたほうが時間的にも精神的にもお得なこと間違いなしです。

 

ちなみに、まだドコモなどのキャリアスマホを持っている人はLINEモバイルに契約することで、

月々3,400円くらいに抑えることができるかもしれませんので一度検討してみてください^^

 
LINEモバイルが気になる人はこちら
【明細見せます】スマホ代安くなった!けど注意点1コだけアリ。LINEモバイルを8ヶ月使ってみた報告
 

 

僕がやったお小遣い稼ぎ





派遣バイト

通学時間が長くて時間の融通が基本的に利かない生活をしているなら、派遣バイトは基本スタンスになると思います。

派遣バイトだと少なくとも時間には縛られずに済みます。

なので、もし、自分の融通を尊重してくれるバイト先があるなら派遣じゃなくても良いと思います。

僕は土日のどちらか、急いでいる時は金曜日の夜勤で即日払いのバイトを入れていました。

中には即日払いのものもありますのでとても助かります。

 

また、派遣のバイトは自給が高い分、交通費が出ないなどの条件もありますが、

大学が遠いと通学定期の区間も長いので、定期区間の沿線の案件を狙えばOKです。むしろそこは逆に強みになりました(笑)

それにその気になれば大学付近で平日夜に数時間の派遣バイトをして、

1人暮らしをしている友達に泊めてもらうという作戦もあります。

友だちの家に行くときにお菓子を買って行って、

そのまま夜はゲームでもすると遊ぶ予定も組めて楽しいですよ!

 

ポイントサイト活用

今の賢い若者世代ならすでにご存じかもしれませんが、ポイントサイトを使うことで、

現金化できるポイントをゲットするという方法もあります。

正直、学生のうちにこの存在に気づけた自分を褒めてやりたいくらい良い方法です!(笑)

 

僕が使っていたのはハピタスというポイントサイトでした。

お金をゲットするまでの手順はこんな感じです。
  1. ハピタスに会員登録(もちろん無料です)
  2. ハピタスを経由して買い物をする
  3. 商品に見合ったポイントが付与される
  4. そのポイントを現金化する
 

これだけで自分の銀行口座にお金が入金されます。

なぜハピタスを経由して買い物するだけでお金をもらえるかというと、

ハピタスが企業から広告費をもらっているからなので、全く心配要りません。

言ってしまえばハピタスが企業の広告塔になっていて、消費者の私達はそのおこぼれをもらっているというイメージですね。

 

手順を分かりやすくするために、「買い物」を例にあげましたが、

私がしていたのは「クレジットカードの作成」でした。

ハピタスでは、買い物だけでなく、クレジットカードやFX口座の作成もポイント付与の対象になっているものがあります。

知らないうちはクレジットカードやFXは少し怖い印象があるかと思いますが、

クレジットカードについては年会費無料のものであれば、作るだけで使わなければお金を払う義務はありません。

またインターネットが発達したこの時代、クレジットカードでなければ支払いができないこともあります。

実際、先ほど軽く紹介したLINEモバイルや、色んな人の生のお話が買えるnoteはクレジットカードがないと決済できません。

簡単に作れるものを一枚くらいは持っておくといいと思います。

クレジットカードを持つ上ではこの三つに注意しておけば盗まれでもしない限り大丈夫です。
  • カード番号をスマホのアプリなどに登録しない(ハッキングされると悪用されて身に覚えのない請求をされます)
  • 使うときは保護されていない通信でカード番号を入力しない(一つ目と同様、悪用される可能性あり)
  • リボ払いに設定しない(翌月一括払いできる範囲で使用する)
 

特にリボ払いに関しては60万円という予想外の出費を経験しましたで、

クレジットカードを作る際には「リボ払い」になっていないことをよく確認してください。

 
リボ払いで失敗したくない人はコチラ
【お金の管理】クレジットカードの明細確認めんどくさい?新卒一年目でやったリボ払いにまつわる失敗
 

個人的に学生には楽天カードがおすすめです。

理由は学生でも審査が通るからというのと、僕がハピタスを経由して作った初めてのカードで安心だからです(笑)

またハピタス経由で楽天カードを作ると、ハピタスポイントに加えて楽天ポイントもゲットできます。

当時は本当にお金のない学生だったので、楽天ポイントで商品券を買って金券ショップで現金にしていました(笑)

これだけで当時10,000円以上ゲットできましたので、まだ楽天カードを持っていないならおすすめです。

 

ちなみにですが、クレジットカードは複数枚を短い期間で作ろうとすると審査が通りにくくなりますので、

この方法はあくまでも臨時的な収入だと覚えておいてください。

とは言っても、社会人になった今でもハピタスは使用中です。

楽天カード以外だと、SBIネット銀行やオリコカードの時にお世話になりました。

 

クレジットカードだけでなく、ネット銀行開設も対象になりますので、

仮想通貨を一番安い方法で買いたいときなどは使えますし、

本の通販サイトだったり、FANCLのネット通販利用もポイントゲットの対象になっています。

3,000近い商品を取り扱っているので、誰でもポイントゲットできる可能性があります。

ハピタスに無料で登録するなら▼コチラ▼からどうぞ!


やっておけばと後悔しているお金稼ぎ





ブログ

もう本当にこれは後悔以外の何でもないです、学生のうちにブログを始めて欲しいです。

ブログで稼ぐ流れはこんな感じです。
  1. 世の中の役に立ちそうな記事を10記事以上書く
  2. グーグルアドセンスに応募
  3. 審査に合格すれば自分のブログに広告を貼ることができる
  4. 広告がクリックされた分だけお金をゲット
 

何がすごいかというと、「ネットに自動販売機(資産)を作る」ようなことができるということです。

初めは手間も時間もかかりますが、ある程度出来上がってしまえば自分が働いていない時間にお金が入ってきます。

 

学生だと「特に書くことないし…」なんて言う人が多いですが全然そんなことないです。

僕の場合はダンスのこととか、研究の手技・読んだ論文の感想とか、今より鮮度の高い状態で書けたなと思うと大きな後悔です。

もちろん今でも書こうと思えば書けますが、その時のテンションには勝てないですからね(笑)

また、ブログ執筆により身につくスキルもあります。

文章力だったり、ウェブの知識だったり、集客方法だったり、少なくとも理系大学生だった僕には幅が広がること間違いなしだなと思います。

何より電車の中で長時間座れていたので充分作業もできたなと思うと本当にもったいないことをしたと後悔しています。

 

ただ、「お金を稼ぐ」だけを念頭に置くと、お金をもらえるまで数ヶ月はかかりますので始めた当初は辛いと思います。

ですが、早くに始めておくと後は半自動的(少ない労力で)にブログが稼いでくれるようになります。

それにこんなお得な情報を知ってもやらない人が多いし、始めても続けない人が殆どですので、

これを読んでくださっている学生さんは本当にチャンスだと思います。

社会人になってからだと、時間も日々の疲労も大学生の時よりひどくなりますので、学生のうちに始めておくほうが圧倒的に良いですよ。

 

クラウドワークス、ランサーズの利用

長い通学中、電車で座れてパソコン作業ができるならクラウドワークスやランサーズなどのウェブ系のバイトに挑戦するのもアリだと思いました。

長時間の通学をしていると何より時間と場所の縛りが厳しいので、自分の働きたい時に、場所を選ばずにできるバイトだと助かりますよね。

クラウドワークスやランサーズは、パソコンを使った仕事を発注する人とそれを受注する人をつなげるサイトです。

専門的なプログラミングスキルが必要なものから、主婦でもできる文字起こしの作業もあります。

学生にとっては、普通にバイトするよりも単価が良いものもありますし、

パソコンの操作に慣れることができて社会人になっても生かすことができますので良いバイトだなと思いました。

 

また、量をこなしていくとマイページ上で実績をアピールできてブランディングにもなります。

これは「フリーランスで働く」ということにも通じますし、リモートワークを知ることができますので良い社会勉強にもなるはずです。

どこかのお店でバイトをするのも社会勉強ではありますが、その場合はどちらかというと「会社員の働き方を知る」に近いのではないでしょうか。

これからの時代は以前よりも”会社に属せず生きていく人”が増えますので、一度登録して覗いてみるだけでも充分勉強になるなと思います。

きっと「こういう働き方もあるのか!!」という発見があるはずですよ^^

クラウドワークスの案件が気になる方は▼コチラから登録してみてください。

 




競馬

「急にギャンブルじゃん!」となるかと思いますが、僕は割りと本気で「少しはやってりゃ良かったな」と後悔しています。

競馬の何が良いかと言うと所要時間の短さです。

どの馬に賭けるか考える時間も必要ですが、JRAのサイトを見て10~20分くらいどう賭けるかは決められます。

レースによってはオッズ(人気度)がはっきりしていたり、走る馬の数が少ないレースだと勝ちやすかったりもします。

それに100円から賭けられるので学生でも余剰資金として始めやすいと思います。

(もちろん余剰資金以上のお金を賭けてはだめですよ!)

 

学生のときの僕はギャンブル=ダメと決め付けていたのでしませんでしたが、

「何がリスクなのか?」を特定するところまで踏み込んで考えるべきでした。

そして、そのリスクが対処できるものであればリスクではなくなるということを知って欲しいです。

決め付けてしまうとそこで思考停止してしまいます。何事も「なんでダメなのか?」まで考えるクセを付けると人生的にもいいと思います

僕の場合は、競馬の基本的なルールを知って「増える確率が充分あるし、なくなっても良い額を賭けるだけなら良いな」と思えたので、

今ではたしなむ程度にしています。(実際僕は1~300円くらいしか賭けません笑)



やらないと決めた金稼ぎ





パチンコ・パチスロ

この2つは今でも反対です。

やっている間は台の前にいてなければいけませんので、それなら高いオッズの馬券をサクッと勝って本でも読みます。

ただ、本当に好きなアニメがパチスロになったときは「完全な遊び」という認識でやるならいいのではないでしょうか?(笑)

 

治験

中には安全性の高いと考えられている治験薬もありますし、実際の使用量の1000分の1ほどの濃度を投与してその薬物動態を見るなど、

後遺症などが残る可能性が高くない場合もありますが、それでも僕は嫌ですね。

所要時間に対してもらえるお金は多いとは思いますが、僕の優先順位として「ダンスをしていたい」が一番高いので、

少しでも体に害がありそうなことはしたくありませんでした。

CRAの目線から言うと「その治験薬を使用するしか助かる見込みがない」という状況にならない限り、治験には参加しない方がいいんじゃないかな、というのが本音です。

 

まとめ





今回は以上です。

通学が長時間に及ぶ学生さんの参考になれば幸いです。

「どうせならこれからの人生にも役立つことをしたい」ならブログがオススメですよ!

気になったら、始まりは無料ブログとかでも良いと思います。

あとはハピタスですね、買い物をする時はまずはハピタスを覗くクセを付けるとオトクに買い物ができること間違いなしです。

読んでくださってありがとうございました!



関連記事

  1. 仕事

    看護師になりたい女子は必見!もはや男子も読むべき!「ナースときどき女子」とは

    この記事の所要時間:3分どうも!看護師になりたい人はこのサ…

  2. 生活

    日記のメリット3つ。

    今日は日記をつけていて良かったことを書いていきます!「充実した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP