資産運用

【やっと積立NISA始動!】一ヶ月のポートフォリオ&運用益さらします^^

どうも、心一です!

今回は積立NISAについての記事を書きます。

NISA口座はSBI証券で開設したのですが、「開設完了しました」のメールがきてもいざ何をすればいいか分からず…。

気づけば半年以上放置していました。ハイ、だいぶもったいないです…笑

そろそろダメだなってことで重い腰をあげて2018年末に色々設定、この記事を書いてる今から丁度一ヶ月くらいの話です。

なので少しは役立つ情報になるかな?と思い公開することにしました^^

それではどうぞ!!



 

1ヵ月の利益は947円


早速ポートフォリオの話ですが、こんな感じで組んでいました。

一番左が商品名、赤枠がその商品を買った金額、青枠が価格が今どうなっているか、です。

合計20,000円分を買って、947円分利益が出ています。

利率にして約4.7%、仮に106万で運用したら毎月5万円もらえる計算ですね。
もちろん106万も運用に回せないけど!笑

額は小さいけど、こうやって予想を立てれる(妄想できる)ようになるのは投資の面白いとこだなと思います。

極端な話、月に15万あれば生活はできるわけですから(できるよね?)、この計算だと318万あれば生活できます。

なんなら212万で10万ゲットの生活に少しバイトとかでもいいですよね。
夢ふくらむぅ~(っ^ω^c)

厳密には積立NISA口座は年間40万円までしか運用できないので通常の口座で運用することになりますし、そうなると税金で約20%支払わないといけなんですけどね…^^;

でも、やらないよりやったほうが経済的・知識的・メンタル的に絶対プラスになる!と確信しました。

早速彼女と同僚と弟にはゴリ推ししてます。笑

 

ポートフォリオにはこの5つ!

買うときに意識したのは、手数料・どんな商品か?くらいでした。

手数料なんか数%なのに気にする必要あんの?って感じですが、積立NISAは長期でやって(複利を動かして)ナンボってみたし、そう書いてる記事が散見されましたので笑

ちょっとの差が数十年後には大きな差になってしまうのは理解できましたしね。

なので、基本的に手数料が安いインデックス型の商品を買っています。

 

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

中でも軸にしているのはeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)です。

この商品はインデックス型で、中身は株だけでなく公社債や不動産投資信託など、色んな種類の商品が混ざっています。

つまり、これを買うだけでリスク分散された手堅い投資ができると思って僕は軸にしました。

「株とかわからんし!」
「商品とか調べるんめんどくさっ!」
「リターンは大きくなくていいから手堅く始めたいなぁ…」

なんて人はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)だけでも買っておくと良いかもしれませんね。

さっき彼女・同僚・弟に口座開設をゴリ推ししたと言いましたが、同時にこの商品も勧めるつもりです^^

 

ひふみプラス

逆にアクティブ型の商品はひふみプラスくらいです。

アクティブ型は手数料が高いし、ハズレ商品だと元本割れがあると聞いていたので避けてました。

でもインデックスのみだとそれはそれで面白みに欠ける(笑)と思い、アクティブの中でも評判がよさげなひふみを選んだ次第です。

この1ヵ月ちらほら運用益を覗いてみると、他のインデックス型より稼いでくれているときは稼いでくれている感じがしました。なのでもうちょっと様子見しようかなって感じですね^^

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

インデックス型で二番目に投資額が大きい商品はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスです。

どんな商品か一言で言うと、アメリカの有名企業の株が詰まった商品です。

実際に月次レポートを見てみると分かるのですが、アップル・マイクロソフト・アマゾンなど聞いたことがある企業が上位10位を占めています。

これだけ聞いたことある大企業ばかりを買っているなら大丈夫だろうと思って第二の軸にしました。

参考:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス レポートページ

余談ですが、製薬企業だとジョンジョン(ジョンソン&ジョンソン)もランクインしていますね^^

 

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド

これは米国株式市場と連動することを目指している商品です。

「米国株式と連動する」ってピンはこなかったのであんまり深くは考えずに買ったのですが、

以前読んだ投資の本で「アメリカの企業は、日本の企業に比べて株式で調達してきた資金を次の事業へしっかり投資する(=ROEが高い)」のようなことを読んだので買いました。

これが何を意味するかというと、それだけ企業が成長する可能性があるってことですね。
(あくまで投資対象を間違っていなければの話ではありますけど笑)

まぁ、興味があればROEが高いとはどういうことなのかググッてみてください。←

 

ニッセイ日経225インデックスファンド

これは先ほど紹介した楽天・全米株式インデックス・ファンドの日本版なイメージと認識して買いました。

でもまぁ、なんとなく日本よりアメリカのほうが儲かりそうなので様子見で買ったようなものです。笑

結果的には儲かっているのでこれも様子見ですかね。

 

まとめ

素人なりに3~4時間くらい商品について調べて購入に至ったわけですが、普通に利益出ててよかったぁ(   ◜ω◝ )っていうのが率直な感想です。

こういう小額で始められる投資をするときは「まず始める」っていう考えが大事だと思います。
(不動産投資みたいな多額の場合はもっと慎重にすべきだと思います)

積立NISAは複利を味方につけるため、長期で取り組むことが大事ですしね。

でも、まず始めるってことを意識したので、考えが浅いところが思ってたより…。

もう少し様子見をして、じわじわ調整していこうかと思います^^;

ちなみに税金のことを考えるとウェルスナビを続けるより、まずは積立NISAに回したほうが良いなと思いました。

ウェルスナビは始めるのが手軽だったので続けていましたが、税金は普通に払わないといけませんからね( ´・ω・`)

優先順位は①積立NISA→②ウェルスナビ・iDecoかな?って感じなので、ウェルスナビに積立してた分は積立NISAに回します笑

ウェルスナビをするにしても、老後まで引き出す予定はないなら節税もできるiDeco優先ですね。もし、老後までに引き出す予定ならウェルスナビでしょうか。

少し論点がズレましたが、もし積立NISA始める気になったら僕のを参考にしてサクッと始めちゃってください。
もちろん責任は取れませんが…(;゙゚’ω゚’):

今回は以上です、読んでくださってありがとうございました^^

 

関連記事

  1. 読書

    【生涯投資家】20代より若い人にオススメ!社会を良くするために熱く戦った投資家のお話

    どうも!心一です。今回は「生涯投資家」の書評をぺらっと書き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP