CRA

社内ニートって一番メンタルつらいんじゃないか?と思ったので対処法込みで話してみる。

どうも!心一です。

今回はCRO業界ではあるある、社内ニートのお話です。

毎日特にやることがないのに出社し、微妙な徒労感とともに定時に上がる、そんな微妙な存在の話です。

それではどうぞ。


どうなると社内ニートになってしまう?

CRO業界はクライアント(製薬企業)から仕事を受託できないと社内にいるCRAが手持ち無沙汰になります。

この何のプロジェクトにもアサイン(配属)されていないCRAを俗に社内ニートと呼びます。

ニートとは言え企業に属しているので給料は支払われるのですが、手放しでラッキーなんて思えるものではないんですよね…。

何がつらいのか?

仕事なしでお金もらえるなんて最高!\\\\٩( ‘ω’ )’ω’ )و ////…というわけには行きません。

激務で疲れきった後に次のアサインまで少し休んでて的なニートならいいかもしれませんが、ただ会社がプロジェクトを取れなくて社内ニートになっているとメンタル的にかなりつらくなってきます。

だって自分は何も出来ないのに、プロジェクトにアサインされている人が稼いできた分から給料をもらっているんですからね。

それに自分の経歴としても何のプラスにもなりません。いくらCRA経験だけ長くても、実務経験がなければ何の意味もないです。

また、仮に社内ニート中に研修だったり、何かしらで忙しくなったときや先輩の指摘を受けすぎて辛い思いをしたときは、実際にアサインされている時とは違った苦しみがあります。

アサインされている時は例えつらくても、そのつらさに耐えることで会社の売り上げには貢献できます

自分の食い扶持くらいは自分で稼いでるんだって実感があるわけです。

それに対して、アサインされていなければ会社の利益に直結するような仕事はしていないので、ただ苦しんでいるだけになります。

周りの人間からしても「なんでアサインもされていないのにしんどそうにしてるんだ?」的な目で見られますしね。

会社がプロジェクトを受託できないゆえに社内ニートが生まれているのに、まるで社内ニートの人だけが悪いような気持ちになってきます…。

社内ニートでもできることはないのか?

一応、できないことはありませんが、次に配属されるプロジェクトのために勉強しておくことがメインになってきます。

社内で自主的に研修を主催したり、同じ社内ニート同士で研修をしたり、仮配属されているプロジェクトの資料を見たり、OJTで先輩の訪問に同行させてもらったりは出来ます。

参考:【CRA×OJT】ただ付いていくだけじゃなくて、全力で準備して臨むべきな理由4つ

先輩がIRB審議ファイルや施設で治験スタッフに使ってもらう症例ファイルを作成する時も手伝えたりしますので、その時は実際にどんな資料が組まれているかも見ることができます。

GCPで規定されている資料がどんな風にファイリングされるのかや、試験の特徴によって必要な資料が発生していたりもするのでそこは貴重な勉強の機会です。

先輩としてもファイル組みを手伝ってもらっている立場なので、質問すれば教えてくれるはずですし、そこでテキパキ動けて良い印象を持ってもらえれば社内でも少なからずクチコミは広がるかもしれません。

自分の働きは誰かが見ているものなので、社内ニートでも誠実に仕事に取り組むべきですね。

 

スポンサードリンク


場合によっては上司に掛け合うべき

あまりにも社内ニートが続いてしまうと思いのほかモチベーションに影響します。

入社したときは「俺は医薬品開発に貢献するんだ!!」といくら燃えていても、3ヶ月、半年、ついには一年とニート状態が続いていれば絶対にしんどいです。

プロジェクトを受注できるかどうかは会社が生き残れるかどうかがかかったシビアな話なので、上司に掛け合うのは気が引けるかもしれませんが、黙っていても上司は気づきません。

少し急でも5分10分上司を捕まえて、プロジェクトの受注はありそうか、自分がアサインされる見込みはいつ頃か遠慮なく聞くべきです。(もちろん言い方はビジネスライクにする必要ありですよ)

自分の考えをアピールしておくと相手が動きやすいはずです、人生において自己アピールはけっこう大事です。

「自分がどうしたいのか?」を明確にして発信しておくほうが色々と楽ですので、勇気を持って上司に掛け合ってみてください。

それでもダメなら転職も考慮

上記のように掛け合っても特に進展がないとなれば、転職も視野に入れる必要が出てきます…。

実際に転職まではしなくても、自分の市場価値を知っておくくらいには丁度良いタイミングだと私は思います。

そもそもプロジェクトを受注できないような魅力がない会社に原因があるわけですし。

特に、プロジェクトで実務の経験があるCRAならまずは転職に一歩踏み出して、市場価値を確かめてみてください。

ゆくゆくはメーカーの開発職に就きたいとステップアップの転職予定があるなら、今のうちに現状と目標のギャップを確かめておくと良いかと思います。

一番キツイのは未経験社内ニートが長いCRA、でも諦めるのはまだ早い!

私が以前所属していたCROでも居ましたが、新卒入社後一年近く社内ニートの人。

経験もなくアサインされる見込みもないと、ただただ待つしか方法はない…。

と思われるかもしれませんが、新卒で転職した私からすると「転職アリでは?」と思ってしまいます(笑)

もちろん転職活動中はその人のそれまでの経歴が見られますが、新卒で一年といえばまだ第二新卒で通ります。

CRA一年目の経験で言えば、一通り研修は受けてGCPは理解できていること、OJTで同行して施設で行うことはわかっていること、まだ未経験なのでアサイン後は経験者の同行はお願いしたいこと、この3つを伝えれば望みはあるのでは?と考えています。

転職理由についても本人のメンタルに問題があるのではなく、上司に掛け合ってもアサインの気配がなく、会社がプロジェクトを受注できないことに問題がある、となれば理由としては不自然ではありません。

また、転職時には研修中に一所懸命取り組んで周りから褒められたり、自分のアイデアで周りに良い影響を与えたなんてエピソードがあれば、それを通して自分のキャラクターを話せるので、なお心強いかと思います。

参考:【CRO:CRA新卒必見】研修でこそ本気を出すたった1つの理由&主な研修内容5つ

まとめ -自分のために動きましょう-

まず、社内ニートになってしまったら次のアサインに向けて準備です。

そして、準備が完了してもアサインの気配がない場合は上司に掛け合いましょう。

数ヶ月、半年とアサインの気配がなければ転職も視野に入れる、たとえ実務未経験のCRAでも転職を視野に入れる、これくらいの覚悟を持って、自分の身を守るように人生の舵を取るべきです。

もしかして転職は面倒でしょうか?

もしそうなら動かないでいるうちにあなたの時間は無駄になってしまい、モチベーションも削がれて、最終的に自分の首が絞まる可能性があります。

お互い頑張りましょう、ではまた!

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. CRAの実務

    【CRO:CRA新卒必見】研修でこそ本気を出すたった1つの理由&主な研修内容5つ

    どうも!心一です。今回はCRAの研修について書いていきます…

  2. CRA

    CRA職で内定をもらえなかった時に取れる手段3例

    どうも!心一です。今回は少し縁起良くないのですが、CRAに…

  3. CRAの実務

    医薬品開発職:CRAのお仕事「ヒアリング」とは?

    この記事の所要時間:5分どうも!心一です。今日はCRAの実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP